舌を観て体の声を聞いてみませんか?

「舌は体の鏡」と言われています。

 

気・血・水や内臓の状態が表れる重要ポイントです。

 

東洋医学で行う※4診の中でも

目で体の状態を観察できる

「望診」は日ごろの自分の健康チェックや

体調の変化を知ることができます。

※4診とは、「望診(ボウシン)」「聞診(ブンシン)」「問診(モンシン)」「切診(セッシン)」の事を現しています。 

 

舌の状態を見る

「舌診」(ぜっしん)は、

自分自身でも変化が分かりやすいうえ

健康状態が表れやすい箇所です。

 

あなたの舌はどんな状態ですか?

 

舌のチェック方法は、

まずは色を見てください。

舌の色⇒ピンク色、白い、黄色い、淡い色、濃い色

 

次に「◆舌苔」(ぜったい)と呼ばれる

舌の表面の状態を見ます。

唾液の量が少なくべっとりしているか?

苔は無く乾燥しているか?

◆舌苔とは、舌の表面に私状乳頭と呼ばれる組織の上や突起の隙間に食べかすや粘膜組織、

細菌が付着してうっすら白くなったものです。

◎うっすら白いものがついている状態が正常です。

 

次に形や状態です。

舌の側面に歯の跡がついていませんか?

舌の表面などに裂け目はありますか?

舌の裏側の2本の静脈の色や張りの具合はありますか?

[※注1 観察する時は、色の濃いものなどを口にしていない時に行ってください。]

[※注2  歯磨きやうがいをした後、出来るだけ自然光のさす明るい場所で観察するようにしてください。]

 

 

このように、

舌の状態を知ることで

健康状態を確認することができます。

 

舌からは血液の状態、水分代謝の状態

元気の状態など

様々な情報を得ることができます。

 

こういった症状は、

普段の食事に

生薬(薬を取り入れる事で

改善していく事ができます。

 

是非、

私のミニ講座やイベントで

生薬や薬膳の知識を身につけて

健康寿命を延ばしてみませんか?

    


 

 <正常タイプ>

ピンク色(薄紅色)で、

舌苔は薄白くきれいな形で

適度に潤っています。

 

 

<気虚タイプ>

ぽってりと厚い舌で

大きいために両側に

歯型のつくのは、疲れて

新陳代謝が低下し

水分代謝も悪くなって

むくんだ状態です。

 

 

 

 

 

 

<陽虚タイプ>

体が冷えているとき、

血液のめぐりが悪くなって

白っぽくなった状態です


 

 

 

 

 

 

<痰湿タイプ>

舌苔がべっとりとついている場合は、体の中の水分が過剰でむくみや冷えを起こしている状態です。

(気虚タイプや陽虚タイプの方に起こりやすい。)

 

 

 

 

 

 

<湿熱タイプ>

舌苔が

黄色くべったりしている。

お酒や辛いものや高カロリーな物を摂りすぎて体に熱がこもっている状態です。 

 

 

 

 

 

 

<血虚タイプ>

色がピンクより淡い色に

なっているのは、

血液が不足しているため

貧血傾向にあります。


 

 

 

 

 

 

<陰虚タイプ>

1.舌全体の赤味が強く

苔が少ない 又は無い状態。

また、亀裂がある場合は水分を保持する力が不足し体に熱がこもった状態です。

 

 

 

 

 

 

 

2.舌全体が細く痩せてしまっている。

水分の保持力不足。

 

<オ血タイプ>

血液のめぐりが

良くありません。

この状態が続くと

舌にシミのような斑点ができる可能性があります。

 

 

 

 

 

 

 

2.舌の裏の静脈が大きく

拡張して黒くなっている場合も

血流が悪い状態です。


家事代行アドバイザー

・一般社団法人日本家事代行協会認定 家事代行アドバイザー

・JKC認定 愛犬飼育管理士

・ペット介護士

・食育指導士・国際薬膳食育師(薬膳マイスター)

・春日部市 食生活改善推進員

(一般社団法人日本食生活協会

食育アドバイザー)

・埼玉県 健康長寿サポーター

 

・埼玉県 認知症サポーター

・特定非営利活動法人暮らしデザイン研究所認定

高齢者の整理収納サポーター